赤ちゃんの乾燥対策をしましょう|カサカサの危機から死守せよ

ベビー服のお手入れ

乳児

赤ちゃんは着替えることが多いので、衣服が不足しないように洗濯をこまめに行うといいでしょう。一般的な洗濯を使用すると肌を痛めてしまう可能性があるため、専用洗剤の使用をおすすめします。

もっと知ろう

赤ちゃんの肌を守ろう

親子

痒みや痛みなどを伴う乳児湿疹や、生まれたての赤ちゃんにとって大きな受難の一つです。あまりの痒さに肌をかき、きれいな肌を赤く腫れさせてしまうこともあるので、毎日のケアで症状を解消させてあげましょう。

もっと知ろう

赤ちゃんが生まれたら

ベイビー

赤ちゃんが生まれたら必要なものはたくさんあります。哺乳瓶に関しては赤ちゃんの好みもあるので、産院で使っているものを参考にしてから購入するのもいいと思います。消毒するアイテムも買い忘れないようにするといいです。

もっと知ろう

空気を考えて肌をいたわる

ファミリー

冷暖房使用と空気の質

ほとんどの家庭ではエアコンが欠かせなくなっています。灯油ストーブなどは赤ちゃんにとって危険だし火災の恐れも強く、禁止されているマンションなども多いので、冷房だけでなく冬もエアコン頼りという家庭は普通です。エアコンによる空気の乾燥は、赤ちゃんにも悪影響を与える恐れがあります。肌の乾燥はもちろん、小さいうちは呼吸器や気管支に影響する恐れがあるとの専門家の指摘もあります。赤ちゃんが小さいときだけは加湿機を使っている家庭も増えています。赤ちゃんは基本的に汗っかきで、オムツもかぶれの心配があるものなので、あまり肌が乾燥しないと思っている人は多いかもしれません。しかし、月齢が進むと乾燥しやすい時期もあり、注意が必要です。カサカサの危機から死守してあげましょう。

肌の対策になるローション

赤ちゃんの肌にはオムツかぶれやあせも防止対策など、いろいろな心配があります。乾燥したりかぶれたり両方するものなので、赤ちゃんの肌を守るにはいろいろな方面からケアしてあげる必要があります。肌のいろいろなトラブル対策になるベビーローションを使っているお母さんは多くいます。これも、質によって合うもの合わないものがあるので、慎重に選ぶ必要があります。粉ミルクメーカーが作っているミルク由来の成分のローションは人気の商品です。刺激の少ない無添加のローションは安心感があり、トラブルが起こりにくいですが、保存料がない分散化もしやすいので、保管方法や使い方には注意が必要です。変化が起こる前に使いきれるサイズを買うのがおすすめです。

おすすめ関連サイト集

  • 赤ちゃん日焼け止めおすすめランキング

    紫外線対策はとても重要です。赤ちゃんに日焼け止めを塗るときには使用できる商品かどうかしっかりと確認しましょう。