赤ちゃんの乾燥対策をしましょう|カサカサの危機から死守せよ

ベビー服のお手入れ

乳児

ベビー服のお手入れで重要なのは洗濯です。赤ちゃんはミルクを吐いたり、おしっこやうんちが漏れることもあるので、1日に何度も着替えます。時間がたつと汚れが落ちにくくなるので、ため込まずに毎日洗濯します。汚れのひどいものでなければ、大人の服と一緒に洗っても大丈夫です。ただ、大人の服には加工剤を使用しているものがあり、一緒に洗うと赤ちゃんの服に移行してしまう恐れがあります。また、通常の洗剤は蛍光剤が含まれており、肌の弱い赤ちゃんへの影響が懸念されています。赤ちゃんの服は別にして赤ちゃん用の洗剤を使用する方法もあります。また、洗濯に時間をかけずに大人の服と一緒に洗う方法と、どちらの方法がおかあさんのストレスなく過ごせるのはどちらなのか、無理のない範囲で決めると良いでしょう。

赤ちゃん用の洗剤を使うのがベストですが、少し高価です。一般的な洗剤を使用する場合は蛍光剤が含まれていないもの、溶け残りの少ないもの、香料が使われていないものを選びます。柔軟剤は使っても良いですが、香りが自然のものを使います。漂白剤は使っても大丈夫ですが、成分が残っていると肌トラブルの原因になります。新品の服は糊などの薬品がついていますので、一度洗ってから着せたほうが良いでしょう。赤ちゃんの服はひもが絡み合ったり、ヨレたりしやすいので、ネットに入れて洗う方が良いです。汚れのひどいものは下洗いをしてから、洗濯機にかけます。乾燥機は生地が傷みますので、極力かけないようにします。洗濯した後は外に干しても大丈夫です。太陽光に含まれる紫外線は殺菌効果があり、菌の増殖を防いでくれます。花粉やPM2・5が気になる季節だけ、室内干しにすると良いでしょう。